• Home
  • Publications
  • 凹面鏡を有する青色窒化物面発光レーザの放射角狭小化

Research Area

Author

  • 林 賢太郎, 中島 博, 伊藤 仁道, 田中 雅之, 長根 昭悦, 條川 達郎, 真藤 達也, 小林 紀子, 大原 真穂, 渡邊 秀輝, 比嘉 康貴, 濱口 達史, 幸田 倫太郎, 簗嶋 克典

Company

  • Sony Corporation

Venue

  • JSAP

Date

  • 2020

Share

凹面鏡を有する青色窒化物面発光レーザの放射角狭小化

View Publication

Abstract

凹面鏡を用いたGaN-VCSEL(Vertical-Cavity Surface-Emitting Laser)は、青色帯において世界最小値となる閾値電流(Ith)=0.25mAでの室温連続発振が、また、2019年には{20-21}の面方位を有する半極性GaN基板上に形成した素子で、青緑帯GaN-VCSEL(波長491-497nm)の室温連続発振が報告されている。しかしながらこれらの素子は凹面鏡による強い光閉じ込めのため、放射角が8.5度と、平面ミラーの例(5.1度)よりも広い。そこで今回は凹面鏡構造を有する素子のビーム出射角を狭小化する試みを報告する。

Share

この記事をシェアする