• Home
  • Publications
  • ダイナミック周波数共用におけるビームフォーミングを考慮した与干渉制御手法

Research Area

Author

  • 小野瀬圭太, 栗木寛斗, 木村亮太, 澤井 亮

Company

  • Sony Corporation

Venue

  • IEICE

Date

  • 2020

Share

ダイナミック周波数共用におけるビームフォーミングを考慮した与干渉制御手法

View Publication

Abstract

2020年以降、5Gが本格的に普及するに従って、周波数資源の切迫が続くことが想定される。今後、WRC-19で議論されたIMT周波数帯を利用するには、すでに周波数が割り当てられているプライマリシステムと5Gの高度なダイナミック周波数共用を実現する必要がある。本稿では、ダイナミック周波数共用の高度化を実現するために、セカンダリシステム無線局のビームフォーミング特性を考慮した与干渉制御手法について検討する。

Share

この記事をシェアする