• Home
  • Publications
  • アジャンスマンとしての研究開発マネジメント: 太陽光発電技術と細胞検出技術の事例分析

Research Area

Author

  • 鉄川 弘樹, 山内裕*

Company

  • Sony Corporation

Venue

  • 組織科学

Date

  • 2020

Share

アジャンスマンとしての研究開発マネジメント: 太陽光発電技術と細胞検出技術の事例分析

View Publication

Abstract

創造性は閉じられた主体の内面から生じるという前提から、イノベーションが天才に回収され、ブラックボックス化されてしまう。 本研究では、アジャンスマン概念を用いて主体概念を解体し、研究開発者が既存秩序を内部から部分的に読み替え、同時に自ら変容することで、局所的な機会を生み出す創造性を提案する。この新しい視座を米国ゼロックス社の研究所における事例分析を通して例証し、 その理論的、実務的含意を議論する。

Share

この記事をシェアする